低級言語に慣れた中高年のスキルを次世代へ

昨今のIT業界も人手不足や技術者の高年齢化は深刻な状況といえるでしょう。
したがって、中高年のITの仕事もまた可能性があると考えます。
「SEの寿命は35歳」などと言われていた時代も今は昔、現在では多くの中高年SEが活躍しています。
管理職に就くよりももっと現場に居続けたいという本当に現場が好きな中高年の技術者も沢山いらっしゃいます。
現在の若手技術者の中にはアセンブリレベルのトレースやデバッグに不慣れな者も多く見受けられるようになってきました。
大雑把なアルゴリズムは理解しているもののその中の細かな個別のパーツの動作にまで目が行かないようです。
これは現在主流となっている高級言語ではアセンブリレベルコードを覗き込む必要性がなくなってきているためだと考えられ技術者のせいばかりにはできません。
中高年技術者はその点低レベルでのコードをトレースするノウハウやスキルを豊富に持っているはずです。
今後は若い世代の技術者へ自身の持つこのようなノウハウやスキルをつなげていくことこそが更に重要になってくることでしょう。

カテゴリー: 中高年 パーマリンク