開発現場以外での仕事

IT業界において高年齢化が進む状況においては、中高年の役割も少しずつ変わりつつあります。まずは、実際に現場でプログラミングや開発を行うのではなく、過去のノウハウを生かした現場以外の仕事につくことです。例えばそれがコスト管理の経理部門であったり、社内の情報セキュリティー管理であったり、営業サポートの役割を担うことにもつながります。また、過去の人脈を生かしてリクルーティングの作業に就くことも可能でしょう。実際に現場でのソフトプログラミングが難しい場合でもこのように一般の企業としての役割は多くあります。そこに現場で生かした中高年のノウハウが生きるようであればまだまだ役割は多くあると考えられます。

もちろん、年功序列の給料ではなくその役割に応じてクリエイティブでなければ給料下げて中高年の仕事を与えられることになりますので、どのような生きがいを持って中高にを活かしていくことができるかはIT企業にとって大きな課題になるのではないでしょうか。

カテゴリー: 中高年 パーマリンク