IT企業が求める人材は若年層

IT企業が求める人材は、はっきり言って20代前半です。大学卒業してIT企業に就職すると、ほかの業種よりかなりの収入がもらえるのもIT企業の特徴です。しかし、ここに落とし穴があります。わたしは、システム開発で仕事をしています。システム開発の仕事をしていると常に勉強、資格が必要です。資格取得や勉強を怠ると仕事がありません。だいたい順調に仕事をもらえるのは30歳までです。外注に先に常駐して仕事をするのですが、そのときそのとき相手企業と面接を行います。そのとき、何が得意なのか何ができるのか聞かれます。あと、だいたいIT企業に勤める人は口下手です。それいう人たちが、仕事して数年たつと30歳過ぎになります。性格的に凝り固まった考えもあり、人としても中高年になるにつれて扱いにくくなるのです。30歳過ぎになると外注から仕事をもらえるためには、今までの実績がないと難しくなってくる年代なのです。だから、その後独立または会社を辞めていく中高年が多いです。

カテゴリー: 中高年 パーマリンク