IT業界における中高年の役割

日々新たなプログラムやソフトが開発されていく中、高年齢化が進むIT業界においては中高年の果たす役割も少しずつ変わりつつあります。

まずはその経験から得られた知見により、開発にあたってのボトルネックを見つけることです。新しい開発業務は難しいとしても、どのようなポイントが問題になっているのかを見つけるところは過去の経験からできるはずです。また、自社で解決できないようなトラブルや開発に関しても、過去の人脈からどこと連携すればうまく開発が進むかどうかを明確に提示することができるのが大きなメリットです。

また、中高年ならではのマネジメント能力が生かされることも多くあります。プロジェクトで進めるべき仕事に関しては中高年のプロジェクトマネジメント能力が生かされます。全体を見渡してコストの配分や人材の配置、スケジュール管理を明確に行うことができます。これもなんといっても過去の自分自身の開発のノウハウが生かされることになります。

カテゴリー: 中高年 パーマリンク