IT系中高年にはクライアント対応という大役がある

IT系中高年の方のなかでも、転職組みは結構多いという印象ですね。私が勤めていた会社にいたIT系中高年の方は某大手通信会社を事実上のリストラをされて、そしてうちの会社に転職してきたのです。

若造がこう言っては失礼ですが、「リストラされるのもわかる」と思ってしまう感じでした。現場に出ますと、やはり第一線で仕事をしている技術者よりも劣るのは、当時若造だった私にもわかりましたから。

しかし、当時勤めていた社長の配分がうまくて、その中途採用のIT系中高年の方を外回りにしたのです。彼はもともとは技術畑だっっとのことですが、しかし現場技術職にするのは心もとないところがあるのは、当時若かった私にもわかりましたから。

しかし現場技術者よりも劣るとはいえ、IT技術および知識はちゃんと持っていますから。ですから、クライアントに説明することは可能ですし、それに社会人経験がありますからね。クライアント対応を引き受けてくれたわけです。

IT系中高年にクライアント対応を一任できるとしたら、かなりの強みでしょう。見た目の重厚さもプラスになっていると思いますので。

カテゴリー: 中高年 パーマリンク