IT企業で中高年エンジニアの役割は若年エンジニアの指導員

中高年のIT企業でのお仕事は業務用システムの開発、サーバー管理、スマートフォンアプリの開発からテスト等を行ないます。正し、人材の入れ替わりの激しい業界なので、常に若いエンジニアと交流し、新しい言語や企業のニーズを掴むといった努力をしなければいけません。古い知識や経験ばかりに固執していると周りのエンジニアとの差が開き信用と仕事を失います。また中高年エンジニアにもっとも求められている能力は若年者指導員です。IT企業での仕事は基本的に顧客からどういったシステムが要求されるかヒアリングをし、要求された内容を分析し技術が可能かどうかを判断します。そういった顧客のニーズを汲み取り分析し可能か判断するといった基本を新人に教え込み実践させ学ばせるといったことができる中高年のITエンジニアこそが企業が欲しい人材なのです。そこからシステムを何で構成するか考え、プログラミングを開始しテストを行なうといった流れまでのすべてを新人に教育できる中高年エンジニアの人が求められます。

カテゴリー: 中高年 パーマリンク